スロベニアニュース
スロベニア沖空会のイゴー氏より朗報が届きました。
スロベニアのTjasa Risticさんがトルコで開催されたWKF空手1プレミアリーグにおいて、61kg未満の組手
試合に出場し、見事優勝を飾りました。
スロベニア代表として初の快挙を成し遂げました。
Tjasaさんは、スロベニア沖空会のDrago Ristic氏の娘であり、2008全沖縄空手道選手権大会で優勝した
Matiaz Koncinasi氏がスロベニアナショナルチームのコーチを務め、この快挙を成し遂げたとのことです。
今後の益々の活躍を期待申し上げます。

表彰台の左から2人目がTjasaさん

賞金獲得(500ユーロ)

右は父のDrago氏、左はコーチのMatiaz氏

補助運動の構え

本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。Copyright© 2002-2009 Okinawa Karate-Do Association All Rights Reserved.