2011年秋の叙勲で友寄隆宏名誉会長が「旭日双光章」を受章、高宮城繁相談役が沖縄県文化功労者として表彰される

去る11月3日文化の日に発表された2011年秋の叙勲で、当協会名誉会長の友寄隆宏氏が旭日双光章を受章し、また沖縄県の2011年度の文化功労者として当協会相談役の高宮城 繁氏が表彰されることが発表されました。
友寄先生は、沖縄県指定無形文化財「沖縄の空手・古武術」保持者として文化財保護功労としての受勲、そして高宮城先生は、空手・古武術功労として文化功労者表彰を受けます。
両先生ともに、これまで長年にわたり沖縄空手界のリーダーとして指導的役割を果たされ、海外における沖縄空手の普及等にもご尽力され、沖縄空手の発展に多大な貢献をされた功績が認められ、今回の受勲そして受賞となりました。
両先生の今後ますますのご活躍をご期待申し上げます。
詳細は、11月3日付けの新聞(沖縄タイムス及び琉球新報)でご確認ください。

本ホームページの記載内容についての無断転載を禁じます。Copyright© 2002-2009 Okinawa Karate-Do Association All Rights Reserved.